コロナ禍による温室効果ガス排出量の減少、気候変動への影響は限定的|JAMSTECなどが参画する国際研究チームが発表

#SDGs目標13 2021.05.10

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年5月10日 by 佐野 太一

引用:JAMSTEC公式ホームページ

海洋研究開発機構(JAMSTEC)や気象庁気象研究所などが参画する国際研究チームは5月7日、新型コロナウイルス感染症の流行による温室効果ガスやエアロゾルなどの排出量減少が地球温暖化の進行に与える影響を評価し、発表した。

各国がロックダウンなどの行動制限を課すことで、2020年に発生した二酸化炭素(CO2)をはじめとした温室効果ガスや人為起源エアロゾル(大気中に浮遊する微粒子)などの排出量は、前年比で産業革命以降最も大きく減少した。CO2に関しては、世界全体で年平均7%ほどの排出量減少につながったと言われている。

温室効果ガスなどの排出量減少が気候や地球温暖化にどのような影響をもたらすかについては、これまで簡単な数値シミュレーションで見積もられていたが、最新の気候モデルを用いたシミュレーション結果はまだ行われていなかった。

そこで、世界16カ国の気候モデル研究者を含む国際研究チームによるモデル相互比較計画(略称CovidMIP)が立ち上がり、排出量の減少が気候変動にどのような影響を及ぼすかが定量的に調査された。

◎新型コロナウイルス感染症の流行による温室効果ガスなどの排出量の減少がある場合とない場合の東アジア・南アジア域での年平均の地上気温変化(左)と降水量変化(右)

引用:JAMSTEC公式ホームページ
各色の実線が各モデルのアンサンブルシミュレーションの平均、シェードはそのばらつき(±標準偏差)、左端の縦線は2020年の各モデルのばらつきを示している。黒破線の0線から各モデルのシェードが外れておらず、排出量減少の影響は有意には見られない。

国際研究チームによると、2020~2021年の2年間のみ温室効果ガスやエアロゾルの排出量が減少しても、2020~2024年の地上気温や降水量にはほとんど影響しないという。コロナ禍による一時的な排出量減少が地球温暖化の進行に与える影響は限定的だということだ。

月単位などの短期的な影響や極端現象、地球の炭素循環、大気循環への影響を評価するには今後の詳細な解析が必要で、新型コロナウイルス感染症終息後、社会の取る経済シナリオを想定したシミュレーションも行っているという。

SDGsでは、ゴール13「気候変動に具体的な対策を」として各国が温室効果ガス削減目標をはじめとした具体的政策を定めることが求められている。短期的な成果に一喜一憂せず、長期的な視点を持った取り組みを進めることが肝要だ。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    《必見》SDGsと建築|実際の事例を建築ガイドに沿ってわかりやすく紹介

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    ユニクロ、錦織圭選手とのテニスを通じた次世代育成イベントを12月4日開催|社会の持続的な発展に貢献

    横浜・都内3ホテルで環境配慮の化粧品配布|神奈川大がグローバルホテルとの連携開始

    紛争地で暮らす幼児の死亡率、下痢性疾患が暴力の20倍|ユニセフが武力紛争による水インフラの被害を検証

    患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに