ガンバ大阪「SDGsmileプロジェクト」開始|SDGsの取り組みを本格化

#SDGs目標11#SDGs目標17#SDGs目標3#SDGs目標4#持続可能 2021.10.07

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年10月7日 by 大森令賀

提供:株式会社ガンバ大阪

Jリーグを代表するサッカーチームであるガンバ大阪は9月26日、J1リーグ柏レイソル戦にて、ピッチ内外で様々なSDGsの取り組みを実施した。

ガンバ大阪は創立以来、「スポーツ文化の振興に寄与する」「サッカーを通じて、社会に夢と感動を創造する」「地域と密着し、地域社会の活性化に貢献する」という三つの柱を経営基本方針にさまざまな活動を行っている。

ガンバ大阪のSDGsへの取り組みについて詳しくはこちら

柏レイソル戦では、SDGsが採択された9月25日を含む約1週間が「SDGs 週間」となるにあたり、活動テーマを「SDGsmile」(エスディージースマイル)としてユニフォームへのロゴ掲載や、スタジアム内でのSDGs推進動画の放映などさまざまな取り組みを行なった。

主な活動内容は以下参照。
Jリーグ初のユニフォームへのロゴ掲出

提供:株式会社ガンバ大阪 

スタジアム内演出(SDGs啓発動画放映、ゴール裏LED看板広告、試合前SDGs フラッグベアラーの実施を含む)

提供:株式会社ガンバ大阪

スタジアム場内デジタルサイネージ&オンラインでのSDGsクイズ

提供:株式会社ガンバ大阪

秋の体力測定

提供:株式会社ガンバ大阪

このガンバ大阪の取組は、スタジアム来場者やサポーターを含むガンバ大阪に関わる全ての人が何かしらの形でSDGsを知り、それに取り組むきっかけにもなり得る。

SDGsでは、国や企業だけでなく地方のコミュニティに焦点を当てることを含め、1人ひとりが持続可能な社会に向けた取り組みを推進することが重視されている。スポーツクラブのような地域に根差した活動団体がSDGs達成のために担う役割は、今後ますます重要になるかもしれない。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    《必見》SDGsと建築|実際の事例を建築ガイドに沿ってわかりやすく紹介

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

    「洗濯ネット」など12企業のマイクロプラ削減技術を評価|環境省によるグッド・プラクティス集

    ユニセフ事務局長が年次公開書簡を発表|国際社会が注目すべき5つのテーマとは

    紛争地で暮らす幼児の死亡率、下痢性疾患が暴力の20倍|ユニセフが武力紛争による水インフラの被害を検証

    経産省、「グリーンイノベーション基金」の基本方針を策定|総額2兆円を企業の支援に

    自民党が「LGBT法案」了承見送り|「性差別」表現めぐって