JSTの研究開発センターがSDGs達成に向けた研究を支援|「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードに募集枠を拡大

#SDGs目標11 2021.06.07

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年6月7日 by 佐野 太一

引用:RISTEX公式サイト

社会技術研究開発センター(RISTEX)は5月20日、「社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築」を目的とする研究開発案の募集を開始した。

RISTEXは、科学技術振興機構(JST)の一組織として研究者と社会の問題解決に取り組むステークホルダーが協働するためのネットワーク構築を支援し、自然科学だけでなく人文・社会科学の知識も活用した研究開発に取り組む組織。

これまで科学的知見を活用してSDGsに貢献するべく、取り組むべき社会問題の調査分析・課題の抽出、有識者へのインタビューなど、事業の具体化に向けた検討を行ってきた。

2019年度からは「SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(SOLVE for SDGs)」を実施しており、今回、「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードとした募集枠を新設した。

具体的には、人口減少・少子高齢化、経済変動、新興感染症による影響など、さまざまな社会構造の変化を踏まえて社会的孤立・孤独のメカニズムを検証し、予防につなげる提案を募集している。

なお、RISTEXは「ウィズコロナ・ポストコロナの社会における望ましいつながりやネットワークの在り方を追求し、これを積極的に構築していく必要がある」とし、2021年度はすべての提案について新型コロナウイルス感染症の社会的影響を踏まえることを求めている。

◎新規枠「社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築」概要

引用:RISTEXプレスリリース

RISTEXによる提案募集の詳細はこちら

パンデミックや災害によって命や生活が脅かされるリスクが高いのは、社会的に孤立していることによって相互扶助による恩恵を受けられない人々だ。SDGsゴール11「住み続けられるまちづくりを」では、包摂的かつ持続可能な都市化の推進が重視されている。誰一人として取り残さないまちづくりが、テクノロジーによって実現されることに期待したい。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    《必見》SDGsと建築|実際の事例を建築ガイドに沿ってわかりやすく紹介

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    Getty ImagesとDoveが協同主催する女性やノンバイナリーのクリエイターの活動を支援する「#ShowUs」|助成金プログラム4回目の受付開始

    患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに

    JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

    LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

    文科省、日本語教育支援の動画19本を公開|教育委9割「研修実施できていない」を受けて

    東京都「未来の東京」戦略(案)を発表|「自然」と「便利」が融合する持続可能な都市に。