1位は鳥取、続く石川、千葉|都道府県SDGsランキング2021が公開

#SDGs目標11#SDGs目標12#SDGs目標13#持続可能#消費#環境 2021.07.02

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年7月2日 by 佐野 太一

ブランド総合研究所は6月28日、「地域版SDGs調査2021」の結果を公表した。

調査は今回で3回目。都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題、自治体のSDGsへの取り組みの評価し、数値化した。

47都道府県の登録調査モニター(15歳以上)を対象に、2021年5月1日~5日にかけてインターネット調査を実施。全体で1万63000人の有効回答が得られた。

◎都道府県・SDGs評価ランキング

「(あなたの居住する)都道府県はSDGs達成のために積極的に取り組んでいると思いますか」という設問に対する5段階の回答をもとに点数を算出した。

「SDGs評価ランキング」1位は鳥取県。「よく取り組んでいる」が4.8%、「少し取り組んでいる」が26.5%と、およそ3割以上の人が同県の取り組みを評価していることが分かった。2位には石川県、3位に千葉県が続いている。

なお、47都道府県の平均では「よく取り組んでいる」の回答は3.1%、「少し取り組んでいる」は16.7%、合計で19.8%となった。一方で「全く取り組んでいない」14.4%と「あまり取り組んでいない」14.1%の合計は28.5%だった。

ブランド総合研究所は、「SDGsへの取り組みについて否定的な意見の方が多いことから、地域の取り組みの理解は十分に進んでいないと言える」とまとめている。

◎都道府県・環境や社会の持続につながる行動ランキング

「地産地消」「節電・省エネ」をはじめとする計20項目の環境や社会の持続につながる行動について聞いた。

「あなたが普段の生活の中で、意識して取り組んでいるものがあればいくつでもお選びください」という設問に対する回答をもとに算出した数値でも鳥取県がトップに立った。「SDGs評価ランキング」と合わせて2冠を獲得したことになる。

持続につながる行動を「消費」「環境」「社会」の3つのカテゴリーに分けて分析すると、「消費」では宮崎県、「環境」では山梨県、「社会」では島根県が最も高かった。

具体的な行動の中で実行している人が最も多かったのは「エコバッグ」で55.0%だった。続いて「ゴミの分別」(52.9%)、「節電・省エネ」(45.0%)が上位を占めている。

◎SDGsの取り組みを評価する人ほど「幸せ」を感じる

「都道府県はSDGs達成のために積極的に取り組んでいると思いますか」との設問で「よく取り組んでいる」と答えた人のうち70%以上が、人生について「とても幸せ」と回答。「少し取り組んでいる」と答えた人(36.6%)の約2倍、「取り組んでいない」と答えた人の約3倍と、ここには大きな差がついた。

また、社会や環境の持続につながる20の行動の中で、「6つ以上取り組んでいる」人の38%が「とても幸せ」と回答したのに対し、「1つも取り組んでいない」人のうち「とても幸せ」と答えたのは19%だった。

地域によるSDGsへの取り組みを評価し、サステナブルな行動を起こすことが「幸福」と相関関係にあることが示されている。

SDG目標11「住み続けられるまちづくりを」では、各都市が主体的に社会問題や環境問題の解決に取り組むことが求められている。日本の各地域を持続可能で住みやすいものにするため、SDGsの取り組みを始める自治体に注目したいところだ。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    自民党が「LGBT法案」了承見送り|「性差別」表現めぐって

    2020年度に回収された廃家電4品目は約1602万台で前年度比約8.4%増|液晶式・プラズマ式テレビは約26.4%の増加

    国連主催の刑事司法会議「京都コングレス」閉幕|SDGs達成に向けた司法制度の構築を国際協調で推進

    世界の発電源、再生可能エネルギーの割合が約4割に|国際再生可能エネルギー機関が報告書を公開

    患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに

    民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

    開発途上国の女性の5割が「からだの自己決定権」持たず|国連機関が発表