脱炭素社会の実現に向けて「取り組みたい」が9割|「気候変動に関する世論調査」の結果公表

#SDGs目標12#SDGs目標13#SDGs目標7 2021.03.25

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年3月25日 by 佐野 太一

引用:内閣府公式サイト

内閣府は3月19日、「気候変動に関する世論調査」の結果を公表した。

地球の温暖化、オゾン層の破壊、熱帯林の減少などの地球環境問題に関心が「ある」とした回答は88.3%にのぼった。パリ協定を「内容まで知っている」と答えたのは84.0%だった。

調査項目は主に3つ。

  1. 地球温暖化問題について
  2. 気候変動影響について
  3. 気候変動適応について

調査は18歳以上の日本国籍を持つ3000人を対象に、2020年11月5日から12月20日にかけて行われた。なお、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、対面での接触を回避するために郵送法で実施された。

調査概要はこちら

引用:内閣府公式サイト

脱炭素社会の実現に向けて「取り組みたい」と答えたのは91.9%だった。

脱炭素のために日常生活で取り組んでいる行動は、「軽装や重ね着などにより、冷暖房の設定温度を適切に管理」が70.9%と最多で、「こまめな消灯などによる電気消費量の削減」が70.7%と続いた。

今後新たに取り組みたいことには、「地球温暖化への対策に取り組む企業の商品の購入やサービスの利用」(30.1%)に、「電気自動車などのエコカーの選択やゆっくり加速・減速などのエコドライブの実践」(24.1%)が続いている。

菅義偉首相が昨年10月の所信表明演説で50年までに脱炭素社会を実現すると宣言して以降、「脱炭素」への国民の関心が高まりつつある。各個人の消費行動や生活様式が、少なからず達成状況に影響をもたらすことが理由として考えられるだろう。

脱炭素は、SDGsゴール13「気候変動に具体的な対策を」の達成に向けた取り組みにおいても重要な指標となる。地球の一市民として自分に何ができるのか、チェックしていきたいところだ。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    《必見》SDGsと建築|実際の事例を建築ガイドに沿ってわかりやすく紹介

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

    多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは

    「2030年を生き抜く会社のSDGs」販売開始|PR会社サニーサイドアップが社会貢献とビジネスの両立方法を解説

    女性と社会に気づきを与えるキャンペーン「egg week」開催決定|女性活躍を支援するプロジェクト「W society」

    JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

    開発途上国の女性の5割が「からだの自己決定権」持たず|国連機関が発表