「AIでSDGs達成へ」ホワイトペーパー「AI for sustainable innovation」が無償公開

#SDGs目標9 2021.04.23

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年4月23日 by おざけん

引用:Recursiveのプレスリリース

AIなどの最先端技術の開発を通してSDGsの達成を目指すRecursiveは4月22日、AIを活用したサステナビリティへの取り組み方や、効率的な技術開発の進め方などについて解説したホワイトペーパー「AI for sustainable innovation」を無償公開した。

「AI for sustainable innovation」のダウンロードはこちらから

SDGsに焦点を当てた最先端のAIモデル開発に取り組む同社は、AI/SDGsコンサルティングなどを通じて、廃棄物を出さないための効率的な生産ラインや、プラスチック廃棄物を減らすための革新的な素材などを社会に提案している。

気候変動や国内および国家間の格差、デジタルディバイドをはじめとしたグローバル課題に各国が直面する中で、持続可能な経済とライフスタイルを実現するテクノロジーとしてAIの活用方法を紹介するべく、Recursiveは、ホワイトペーパーに独自の見解をまとめた。

ホワイトペーパーの概要

「AI for sustainable innovation」は、産官学における知識のギャップを埋めることを目的に「サステナビリティと創発技術」と「組織の創造性」の2章で構成されている。

「サステナビリティと創発技術」では、冒頭でサステナビリティとは何なのか、なぜサステナビリティがイノベーションの起爆剤になりうるのかについて説明。続けて、SDGsで掲げられている目標の達成に貢献できるAI技術の活用方法を「イノベーションの加速」「生産性の向上」「予防と軽減」「教育と仕事の向上」の4つの分野に分けて解説している。

「組織の創造性」では、イノベーションを生み出し続けている大企業の組織体系を例示しつつ、体系的な技術開発計画の立て方など、中規模から大規模の組織をマネジメントする手法を6つのステップに分けて紹介している。

最後に、AI技術は社会に⼤きなプラスの効果をもたらす可能性がある⼀⽅で、配慮なく導⼊すると悪⽤される危険性があることについても触れた。AIに関する倫理的な配慮については過去の失敗事例から学び、注意しておく必要があるという。

AIや情報技術を用いたイノベーションの促進は、SDGsではゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」として重視されているだけでなく、他のすべての目標達成の要になる可能性を秘めている。自ら具体的なアクションを策定する際は、今回紹介したようなホワイトペーパーや、SDGsへの取り組みで世界をリードする企業の事例を参考にしてみるのはいかがだろうか。

この記事をSNSでシェア!

  • ダミータイトル

  • ランキング

    《徹底解説》「SDGsは胡散臭い」と言われる理由|原因から解決法まで徹底解説

    《必見》SDGsと建築|実際の事例を建築ガイドに沿ってわかりやすく紹介

    新着記事

    これからPRの鍵はひとりよがりにならないこと|サニーサイドアップがPRを超えて取り組むソーシャルグッド

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    環境省がフードドライブ推進に向けた検証を開始|神戸市、ダイエー、サカイ引越センターなどと連携

    トヨタとENEOS、ウーブン・シティで水素エネ活用へ|実験都市で実証実験が始動

    トヨタ、SDGs推進に向けた「Woven Planet債」発行で最大5000億円の調達へ|ウーブン・シティ開発にも資金投入

    トヨタの未来都市「ウーブン・シティ」の建設が開始|新技術実用化に向けた実証実験の舞台に

    ユニセフ事務局長が年次公開書簡を発表|国際社会が注目すべき5つのテーマとは

    JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ